ログハウスでロフトを設けることについて|茨城に住みたい方必見!

ロフトは、天井と床の間にもう一枚床を設けて、はしごで昇り降りする仕組みのことです。
ログハウスを検討している方の中で、ロフトを設置しようと考えている方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、ログハウスにロフトを設置するメリットとデメリットをご紹介します。

 

▢ロフトのメリット

*収納スペースが増える

ロフトを設置すると、収納スペースが増えます。
季節のものを置いたり、普段あまり使わないものを保管することができるので、部屋の無駄なスペースをなくし、スペースを有効活用できます。
また、ロフトは人の目がつきにくい場所でもあるので、部屋が広く見えます。
この特徴を活かして、寝室に使用するケースもあります。
ふとんを敷いたり、ベットを置くこともできるので、快適な部屋作りが可能です。

*開放感

ロフトを設置すると天井も高くなるため、吹き抜けのような雰囲気を作り出せます。
通常よりも高い家具も置けるので、家具のアレンジにもこだわることができます。

*洗濯物が乾きやすい

ロフトに天窓がある場合は、窓から風や太陽光を取り入れられます。
これにより、空気循環が良くなり、洗濯物が乾きやすくなります。
また、はしごでも干せるので、洗濯物を干すスペースも増えます。

 

▢ロフトのデメリット

*夏場は非常に暑くなる

窓がなければ、暖かい空気が上に行って熱がこもってしまいます。
すると空気循環が悪くなり、部屋が暑くなるのです。
また、エアコンの効率も悪くなります。
高い位置に行くほど、熱気がたくさん溜まることを忘れないようにする必要があります。

*はしごの上り下りが面倒

ロフトのはしごの多くは、段差が急になっています。
そのため、はしごから落ちる危険性も備わっています。
重いものを下に降ろすときは、特に注意が必要です。
また、はしごの下には鋭利なものを置かないようにすることも大切です。

*掃除がしにくい

ロフトは狭く、カビが生えやすいので掃除が欠かせません。
しかし、急な階段から掃除機を使うのは、負担が大きいです。
また、天井の低いロフトでは、よく天井に頭を打つケースがあります。
そのため、掃除中に頭をぶつける傾向も増えてしまい、腰に負担がかかってしまうのです。

 

▢おわりに

今回は、ロフトを設置するメリットとデメリットをご紹介しました。
ご紹介したこと以外にも、ロフトのメリットとデメリットは多く存在し、デメリットへの対策方法もあります。
ロフトについて興味のある方や、詳しく知りたい方は、ぜひ弊社までお問い合わせください。
皆様が注文された住宅に沿って、ご説明します。

建築事例