坪単価のマジック


坪単価は、一般的には、(建物本体価格)÷(延床面積)=(坪単価)で計算されていますが、ここに坪単価のマジックとかトリックと呼ばれるものが含まれる場合がありますのでご注意が必要です。

業者によっては、(建物本体価格)に含まれる工事の範囲にバラつきがありますし、また(延床面積)に通常は含まれないポーチ、バルコニーなど建物外部の施工面積を延床面積に含ませている業者もあるようです。
(建物本体価格)には狭い範囲までしか含ませずに安めに抑え、(延床面積)は大き目に拡大解釈をすれば、当然(坪単価)は安くなります。

また、住宅に関連する設備のキッチンや風呂、トイレなどは延床面積の大小にかかわらず同様に経費が掛かってまいりますので、延床面積の小さな住宅では、大きな住宅に比べて坪単価が高くなってしまうことは当然です。坪単価の安いことを謳っている業者の中には一般的ではないとても広い延床面積での坪単価を広告しているところがあるのです。このようなことが「坪単価のマジック」などと言われております。

これらが原因で「坪単価が安いと思っていたのに…出来た住宅は高いものについてしまった」というようなことが起こるのです。弊社のキュートは「坪単価」だけの比較からすると、他社にはもっと低価格な住宅もありますが、広い面積でないと低価格とはならず、そのような場合お住まいになるには広過ぎたり、追加オプションが重なって結果的に安いものではなくなってしまったりすることが良くあるようです。

弊社のキュートは、『坪単価の低価格住宅』ではありませんで、建築にかかる経費の『総額の低価格住宅』ということをご理解いただきたいと思います。「坪単価での比較」ではなく、お客様には是非「住宅の質での比較」をお考えいただきたいと思います。ここでキュートは『総額の低価格住宅』にもかかわらず、ムクの内装材をふんだに用いた「心と体の健康住宅」であることが際立ってまいります。

建物本体価格に含まれていなもの!

一般的には、
照明、カーテン、家具、屋外の給排水工事、浄化槽工事等は含まれていません。

また、設計料、建築確認費用、設計審査費用、浄化槽申請費用、その他の許認可申請費用等は含まれていない場合が多いです。

このように業者によってまちまちですので、お客様にてご確認が必要になってまいります。そして『総額』での比較をすることによって、本当にお客様にとりまして『お得な商品か』『価格の割りに価値ある買い物なのか』をお確かめになる必要があるのです。広告の謳い文句にまどわされては、後悔のもとを作ってしまうことにもなりかねません。

坪単価の真実


「坪単価」をお考えになるときは、延床面積を考慮しなければなりません。坪単価は、延床面積が大きくなれば安くなるので、右下がりの緑色①線となります。この線の上にあるか下にあるかで、本当の意味で坪単価が割安か割高かの判断ができるのです。

弊社のキュートはこの緑色①線の下にあります。確かに単純に坪単価を比較した場合、他社様の低価格住宅より安くないのですが、延床面積を考えた場合、坪単価の割りには品質も良く、割安な商品であると言えるのです。しかも延床面積が小さいので総額の低価格(本体価格)となるのです。

一方、他社様の低価格住宅は、延床面積が大きいので坪単価は安く抑えられますが、品質は価格相応で、延床面積が大きい分、高いものとなってしまいます。

【弊社の表示されている価格には…】
申請関係、外部の設備を除いた全てが入っております。
≪含まれてないもの≫
土地関係費用 屋外給排水工事 外線引き込み工事
地盤調査費 外構工事 冷暖房工事 アンテナ工事
各種申請費用 負担金・諸費用

資料請求